稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

【症状&有効な栄養】 アトピー性皮膚炎

健康・美容

【症状&有効な栄養】 アトピー性皮膚炎
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

予防&改善法

アトピーや花粉症はアレルギー性疾患の一種です。アレルゲン(異常反応を起こす物質)が体内に入ってくると、それに反応してIg (グロブリン)E などの抗体が作られます。アレルゲンとその抗体が結びつくとヒスタミンが生じ、そのアレルギー反応が鼻で起きると花粉症のアレルギー性鼻炎、皮膚で起こればアトピー性皮膚炎やじんましんなどの症状があらわれます。

アトピー性皮膚炎の予防法は、その原因となるアレルゲンを寄せ付けないことですが、暴飲・暴食をしない、スキンケアを心掛ける、ダニをよせつけない、便秘などに留意することが大切です。治療の基本は、ステロイド軟膏と抗ヒスタミン剤の内服ですが、ステロイド軟膏は副作用を招く恐れもあります。

そのため栄養療法では、便秘を解消して、体に免疫力をつける体質改善が健康を保つために大切とされています。有効な栄養として霊芝には、ヒスタミンの放出を抑えることや、免疫機能に作用し、抵抗力のある強い体を作ることがわかっています。また、アレルゲンとIgEが結びつくのを阻害し、ヒスタミンの産出を抑える働きがある抗体IgG の摂取も効果があるとされています。

健康の維持に有効な栄養

霊芝

マンネンタケ属のきのこで、古来から皇帝の薬として珍重されてきました。有効成分ガノデリックアシドがIgE 抗体の過剰な放出を抑制し、ヒスタミンの放出を抑えます。

出典 http://upload.wikimedia.org

霊芝(レイシ)の科学的データ - 中国

1200人のアレルギー患者に霊芝を投与したところ84%が改善。内40%が完治。同じく中国の研究で、霊芝の有効成分がマクロファージとT細胞を活性化し免疫機能を強化することが明らかになった。

出典 http://www.mit-japan.com

霊芝には体内の免疫力を高めるβ‐Dグルカンという成分が有名です。しかし、そのほかにも霊芝には健康に役立つ成分が数多く含まれています。その一つがトリテルペン類のガノデリック酸と呼ばれるものです。ガノデリック酸は免疫に関与しているIgE抗体の過剰な放出を抑制する働きがあります。IgE抗体は過剰に蓄積されると結果としてヒスタミンを過剰に放出します。そして様々なアレルギー反応の原因となります。

霊芝に含まれるガノデリック酸によってIgE抗体の過剰な放出が抑えられることで、アレルギー反応が抑えられ、花粉症やアトピー性皮膚炎をはじめとする様々なアレルギー疾患に効果があります。

出典 http://www.supkomi.com

EPA・DHA

新鮮な青魚(イワシ、 力タクチイワシ、サバ など)から抽出した有効成分です。EPAにはアトピー性皮膚炎のかゆみや発疹の改善に効果があり、DHA には体調を改善させアレルギーを防ぐ効果のあること が報告されています。魚アレルギーの人は避けてください。

出典 http://www.maruha-nichiro.co.jp

EPAには、炎症やアレルギーの原因とされる「プロスタグランジン」という物質の量を減少させる効果があるとされ、花粉症やアトピー性皮膚炎といったアレルギー症状の緩和にも有効であると考えられています。

出典 http://www.skincare-univ.com

名古屋大学医療短期大学部教授の鳥居先生は、EPAとDHAを多く含む「イパオール」という健康食品を臨床に用い、アトピー性皮膚炎に対する効果を報告しています。

臨床試験の対象となったのは六つの医療施設で治療を受けた4~21歳までのアトピー性皮膚炎の患者さん37人。このうち22人が重症で、15人か中等症でした。

試験では、イパオール投与の4週前にあらかじめ患者さん一人一人の皮膚症状を採点しておき、4週後のスタート時点で対象の患者さんを二群に分けて、それぞれ次のような形でイパオールとオリーブ油を四週間ずつ摂ってもらっています。

・A群 : 最初の4週間はイパオールを摂ってもらい、次の4週間はオリーブ油を摂ってもらった

・B群 : 最初の4週間はオリーブ油を摂ってもらい、次の4週間はイパオールを摂ってもらった

イパオールの一口の投与量はEPAにして30mg/kg。実はEPA以外に、α‐リノレン酸60mg/kg、DHA18mg/kgも含まれています。

試験中は、イバオールとオリーブ油を摂ってもらう以外、ふだんどおり外用剤を用いた治療法を続けています。どのくらいの外用剤を使ったか、あるいはどのくらいの強さの外用剤を使ったかについては、それぞれ治療点数としてチェックしました。

また、2週ごとに同じ医者が患者さんの症状を判定して症状点数をつけ、同時に患者さんにも「症状日誌」というのをつけてもらって、自覚症状のチェックをしてもらっています。

A・B群ともイパオール投与中は、皮膚症状が明らかに改善に向かい、イパオール投与4週後には有意な改善効果がみられています。とくに湿疹の範囲、紅斑、発疹、掻破痕の改善度は、オリーブ油を投与中とくらべて有意にすぐれていました。

A・B群とも、イパオール投与中は明らかに点数の低下がみられ、逆にオリーブ油投与中はいずれも点数が上昇しています。また、ステロイド外用剤の使用量を指標とした治療点数も、イパオール投与中は減少傾向が確認されています。

総合評価としては、有用以上が70%(23人)、やや有用以上は79%(26人)という結果になりました。

出典 http://xn--dha-uj4bpa45akcb7676kps3c.com

ビタミンC

皮膚や粘膜の健康を保ちます。また、抗ヒスタミン効果があり、アレルギー症状を緩和します。

ビタミンB6

もともと皮膚炎を予防することから発見されたビタミンです 不足すると、じんましんや口内炎などのアレルギー症状が出 やすいといわれています。

β・カロチン、ビタミンA

アレルギー症状は粘膜が浮腫を起こし、分泌物を増やすことから始まります。β-力ロチンやビタミンAは、皮膚や粘膜の免疫力を強化します。

α・リノレン酸

しそ、ごまなど濃緑野菜に多く含まれ、体内でEPA、DHA を合成します。α-リノレン酸によってアトピー性皮膚炎が緩和されたという報告もあります。

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!