今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

【症状&有効な栄養】 コレステロール過多

健康・美容

【症状&有効な栄養】 コレステロール過多
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

予防&改善法

コレステロール過多の原因としては、動物性の脂っこい食事、運動不足、ストレス過剰、肥満、たばこなどが考えられます。

健康を保つための予防法は、コレステロールの増加を抑制する栄養成分を積極的に取ることといえるでしょう。

健康の維持に有効な栄養

レッド・イースト・ライス(紅麹粉末)

レッド・イースト・ライスに含まれるHMG - CoA還元酵素抑制成分と不飽和脂肪酸が、コレステロールの増加を抑制し、血液の流れを良くして血管や心臓の負担を軽くする働きがあります。

出典 http://majin.myhome.cx

レッドイーストライスに含まれるモナコリンKのコレステロール低下作用は、細胞内でコレステロールが合成されなくなるようにすることに起因します。
コレステロールは直接食品から摂取される一方で、その大半が肝臓で複数の反応過程を経て合成されます。この肝臓でのコレステロールの合成を制御する重要な酵素が、HMG-CoA還元酵素です。

モナコリンKやスタチン系薬剤は、HMG-CoA還元酵素が作用するHMG-CoA(ヒドロキシメチルグリタリルCoA)と類似した構造をもち、HMG-CoA還元酵素との親和性が高いため、この酵素の働きを阻害することができます。結果、細胞内でのコレステロールの合成が抑えられ、コレステロールの量が減ると、血中コレステロールの細胞への取り込みが増え、結果として血中コレステロールも低下します。

出典 http://www.supmart.com

コレステロール低下作用の認められる成分が既に見つけられていることから、コレステロールに対する働きについては実によく調べられています。

2006年にノルウェーで発表されたレッドイーストライスの高脂血症に対する有効性を評価する報告では、2004年の12月までに行なわれた総勢1万人を被験者とした計93件のランダム化試験を評価したメタアナリシスでも、Monascus purpureusの発酵によるレッドイーストライスに、脂質改善作用があると結論付けられています。
(Chin Med. 2006 Nov 23;1:4.)

また、その後に行なわれている試験でも、下記のような有効性が報告されています。

・2ヶ月間、1日2400mgのレッドイーストライスを80人に摂取させたところ、血中コレステロール値が250mg/dLから210mg/dLまで低下した。
ロバスタチン(モナコリンK)20mgと、レッドイーストライス2400mgを摂取させた際の血漿中濃度を測定した試験では、コレステロールを低下させる働きは同等であるにも関わらず、ロバスタチン20mgよりも、レッドイーストライスの方がはるかに血漿中濃度が低く、レッドイーストライスに含まれるモナコリンKをはじめとしたモナコリン類が相加的・協調的に作用していることが推察される。
( J Altern Complement Med. 2005 Dec;11(6):1031-8.)

・2月間、1日1200mgのレッドイーストライスを摂取させた患者と対象群(合計79人)では、レッドイーストライス摂取群でLDLコレステロール、総コレステロール/HDL、LDL/HDL、アポリポプロテインB/アポリポプロテインBの比率が有意に低下した。
( Eur J Cardiovasc Prev Rehabil. 2007 Jun;14(3):438-40.)

出典 http://www.supmart.com

EPA・DHA

悪玉コレステロールは、血管壁に付着して動脈硬化の原因となりますが、EPAや DHAには、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし血をサラサラにする働きがあります。また善玉コレステロールを増やしたり、血管を拡張する働きもあります。

出典 http://www.maruha-nichiro.co.jp

DHAが体内の脂質バランスにおいて作用してくれる効果は、LDLコレステロールを減らしHDLコレステロールを増やしてくれること、そして中性脂肪の合成を抑えてくれることです。血中脂質のバランスでは総コレステロールはもちろん、LDLコレステロールや中性脂肪が多いこと、合わせてHDLコレステロールが低いことが問題視されるわけですから、減らしたいものを抑えてくれて、保ちたいものを増やしてくれるという意味で理想的な働きです。

EPAもコレステロール低下作用があります。また血小板の凝集を抑制するだけでなく、血栓を溶解させるので、いわゆる「血液をサラサラにする」などと言われるような効果は、よりEPAに期待される働きです。このことから、循環器系疾患の予防効果はDHAと同様に、期待できます。

出典 http://neutral-fat-body.com

【実験内容】
マウスを4つのグループに分けて、それぞれに違う種類の油を餌に混ぜて与えて血中のコレステロール値の変動を比較。

1、エサの5%にパーム油を配合
2、エサの5%にαリノレン酸を配合
3、エサの5%にEPAを配合
4、エサの5%にDHAを配合

【結果】
6日後にマウスの血中コレステロールを測定したところパーム油を摂取したマウスに比べてαリノレン酸、DHA、EPAといったオメガ3系脂肪酸を配合したエサを食べたマットは低い数値を記録しました。

ちなみに一番コレステロール値を下げたのはDHAを配合したエサを与えたマウスのグループで、コレステロール値はパーム油を与えたマウスの約1/3になったということです。

出典 http://www.zontaoakville.com

食物繊維・キトサン

食物繊維の重要な働きは、消化液の一種である胆汁酸を吸着して排泄することです。胆汁酸は肝臓でコレステロー ルを原料として作られるので、結果的にコレステロール値が下がることになります。また、ナトリウムを排泄する働きもあり、高血圧も予防します。動物性食物繊維のキトサンにも同じような働きがあることが確認されています。

ポリコサノール

ミツロウ(蜜蝋)から抽出したもので、総コレステロール値を10%下げる効果があり、注目を集めています。

β - カロチン

血液中のコレステロールが悪玉化して動脈の内壁に沈着するのを防ぎます。

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!