今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

【症状&有効な栄養】 疲れ目・白内障

健康・美容

【症状&有効な栄養】 疲れ目・白内障
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

予防&改善法

予防法は、目の酷使を極力さけることです。

有効な栄養としてビタミンAは、疲れ目の症状を緩和して、視覚・視力の回復に効果があるといわれています。ビタミンB1をはじめとするビタミンB群・C・Eも、視神経などの神経機能を強化させ、目の疲れやドライアイの解消、目の老化防止に効果があります。

人間の目の網膜には口ドプシンという色素があり、物が見えたことを感じさせる働きをします。ロドプシンは毎日消費されるので、再合成しなければなりません。口ドプシンの再合成を活発にするのが、ビルベリーやブルーベリーに含まれるアントシアニンです。

マリーゴールドは目の活性酸素を中和し、目の正常な働きを維持してくれる働きがあります。

健康の維持に有効な栄養

マリーゴールド

抽出物であるルテインは、目の網膜部分に集中して見られる抗酸化物質です。目の活性酸素を中和し、目の正常な働きを維持します。

マリーゴールドの花弁には、天然色素のルテインが豊富に含まれています。ルテインは、目の中でも網膜や水晶体に多く存在しています。目に有害とされているテレビやパソコンなどから発せられるブルーライトや紫外線、光によって発生する活性酸素を除去する働きをサポートします。しかしルテインは年齢とともに減少し、視力低下や白内障、加齢黄斑変性症というような目の病気を引き起こします。

白内障は目の水晶体のたんぱく質が変性することで白く濁り、視界がぼやけたり、光をまぶしく感じたりといった症状が表れます。原因のひとつに活性酸素が挙げられます。また、黄斑変性症は目の網膜の中心部である黄斑が変性し、ものが歪んで見えたり中心部が見えにくくなったりといった症状が表れる疾患です。黄斑はルテインが集まっている場所ですが、加齢などによって黄斑のルテイン濃度が低下すると、エネルギーの高い光のダメージによって発症しやすくなります。

どちらの疾病もルテインの摂取が予防に有効です。

出典 http://www.wakasanohimitsu.jp

1992年、ハーバード大学のスーザン・ハンキンソン博士の発表データを見てみると、ルテインが白内障を防ぐことに大いに役立っていることが分かります。

ルテインの効果を示す実験

対象:500人の看護師
期間:8年間
内容:グループAはホウレンソウを週に5皿ずつ摂取
   グループBはニンジン、冬カボチャ、サツマイモを週に5皿づつ摂取

結果:グループAの白内障発生率が同年代の平均的な発生率に比べ5割も低いことが分かった。しかし、グループBでは発生率に大きな差が見られなかった。

考察:
グループA、B共に『水晶体の酸化を防ぐ』と言われていたカルテノイドを多く含む緑黄色野菜を摂取したにも関わらず、結果には大きな差が現れました。
この結果の差はなぜ生まれたのでしょうか?AとBの違いは何だったのでしょうか?

その違いの秘密はホウレンソウにあります。グループAとグループBが摂取したのは共にカルテノイドを多く含む緑黄色野菜ですが、ホウレンソウにはカルテノイドの中でも特にルテインを多く含んでいます。対してグループBが摂取していた緑黄色野菜にはβ-カロチンが多くルテインの量は少ないのです。

ホウレンソウ100gに含まれるルテインの量は約10.2gです。同じ量のルテインを摂取するためにはニンジンであれば21本、ミニトマトであれば666個を食べなければいけません。同じ緑黄色野菜でありながらもホウレンソウがルテイン摂取に非常に効率的であることが分かります。

出典 http://honey-berry.jp

ビルベリー&ブルーベリー

アントシアニンが含まれ、人間の目の網膜にあるロドプシンという色素の再合成を活発にします。さらに、視力の低下を防ぎ、目の疲れや鳥目にも良いとされています。

ビルベリー

出典 http://sunaria.jp

ブルーベリー

出典 http://www.hatagoya.co.jp

目の疲れの原因は、ロドプシンの再合成の失速

ロドプシンは、分解と再合成を繰り返しています。本来であれば、何の問題もなく繰り返される行為ですが、パソコンや運転などで長時間目を酷使し続けてしまうと、再合成が間に合わないという状況になります。こうなってしまうと、脳へ視覚情報を伝達するはたらきが鈍くなり、目がショボつく・ぼやけるといった症状を起こしやすくなってしまいます。

目がショボつく・視界がぼやけるなど、疲れ目の症状が現れているときは、ロドプシンの再合成が間に合っていない可能性があります。ブルーベリーの主成分である「アントシアニン」には、このロドプシンの再合成を助けるはたらきがあるのです。ロドプシンの再合成を活性化させることによって、疲れ目や夜盲症・網膜炎といった症状の改善が期待できるといわれています。

出典 http://www.berrymekiki.com

アントシアニンの含有量

ビルベリーとブルーベリーの決定的な違いは、ポリフェノール成分のアントシアニン含有量です。ビルベリーには目の健康に役立つと言われているアントシアニンが、ブルーベリーよりも約3~5倍も多く含まれています。ビルベリーを半分切って比較すると、全く色の濃さが違うので良くわかります。

また、ビルベリーはイタリアやフランス、ニュージーランドなどで医薬品としての効果が認められており、乾燥させた実を煎じたものは腸の疾病に、葉を煎じたものは糖尿病などの治療に用いられていました。

ブルーベリーはアントシアニン含有量が少ないため、医薬品としては認められていません。

出典 http://xn--tdkg5cc9fc3631dneh3sur09g.com

リポ多糖注入による網膜の炎症(ぶどう膜炎)モデルマウスにビルベリーエキスを投与し、比較しました。その結果、ビルベリーエキスは、STAT3やIL-6やNF-κBなどを抑制することにより、ぶどう膜炎などの網膜の炎症による視機能低下を予防し、目の健康に役立つことがわかりました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21894150

網膜神経節細胞にビルベリーエキスを投与すると、活性酸素によるダメージが減少され、また細胞内に発生する活性酸素が抑制されました。またマウスにおいても、ビルベリーエキスを摂取させると、神経節細胞障害を減少が確認され、ビルベリーに視機能維持効果を持つことが確認されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19415663

ヒト臍帯静脈内皮細胞(HUVEC)にビルベリーエキス(0.3-30μg/ml)を摂取させると、血管新生が濃度依存的に抑制され、ヒト臍帯静脈内皮細胞(HUVEC)の増殖、遊走が抑制されました。増殖シグナルであるERK1/2および遊走シグナルAktのリン酸化を抑制したことによります。さらに網膜血管新生が抑制されたことから、ビルベリーエキスには視機能維持効果を持つことが確認されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18955266

出典 http://www.wakasanohimitsu.jp

ビタミンA・β–カ口チン

目のビタミンといわれ、網膜の健康を保ち、目の粘膜の乾燥を防ぎます。

ビタミンC

目の粘膜を作り、水晶体の老化を防ぐ働きがあります。

ビタミンB1・B2・B12

B1は視神経の働きを高め、近視や視力障害の予防に役立ちます。B 2は目の粘膜を正常にし、目がころころしたりかすむなどの症状に効果があります。B12は視神経内のタンパク質の合成を助け、疲れ目や緑内障の予防に効果があります。

ビタミンE

活性酸素から細胞膜を守る働きがあります。

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!